パパがはーちゃんに伝えたいこと -A professional writer is an amature who didn't quite-

英語学習メモを中心に、時々音楽、読書、スポーツ、子育てや僕の日常について、そして娘に伝えたいことを記録していきます。

ラジオビジネス英語Lesson6

INDEX

 

はじめに

みなさん、こんにちは!

今朝の通勤電車では、うっかりブログの下準備を忘れてしまい、今お昼を食べながら慌てて書いております。まだ新しい行動パターンが無意識レベルに刷り込まれていないので、しょうがないですね。後数日もすれば自動化できるのではないかと思います。

f:id:udatsugaagaranai_arofifpapa:20220413150231j:image

いや〜、それにしても熱いです。今日の東京の最高気温は27度だそうですよ。栄養と睡眠をしっかり取って高パフォーマンスを維持したいですね。お気づきかもしれませんが、最近のランチは毎日同じメニューです。別にイチローを目指しているわけではありません!(笑) ですが、毎日お弁当のメニューを考えるのがめんどくいので、サラダ、全粒粉パン、果物、成分無調整豆乳にしとけば間違いないだろうということで、しばらくこれに固定することにいたのです。さて、前置きが長くなりましたが、2022年4月13日(水)放送分です。

 

ラジオビジネス英語Lesson6

Pints to Check

毎週水曜日は英文メールです。チャットの普及もあって、今はビジネスメールも丁寧な会話調になってきているようです。格式ばったメールだと、事務的な印象を与えることもあるようなのでうまく使い分けたいですね。

be appoinnted as ~(~として指名される)

決まり文句だそうです。appointを辞書で調べると、1つ目にこの「任命する」がありました。今やすっかり日本語として定着している、日時や場所などを決める、指定するという意味の「アポイント」のほうが我々日本人には馴染みがありますが、この意味は2つ目でした。

 

cover a wide range of issues(広範囲な問題に及ぶ)

こういう言い回しも使いこなしたいですね。スピーキングを繰り返して体に馴染ませてみます。

 

I'd like to keep an open line of communiccation(オープンなコミュニケーションを心がけていきたい)

an open lineというフレーズははじめましてです。「オープンな」に相当するようですね。

 

kick-off meetning(キックオフミーティング)

日本語になっているキックオフミーティングは、英語でもそのままなんですね。英辞郎にはハイフンなしのkickoff meetingという形で載っていました。

 

Henry's Replay

佳那のメールに対するHenryからのReplyです。

currently(現在のところ)

このような意味ではもっぱらnowばかり使っているので、目指せボキャ貧脱出、頑張ります!

 

transformation(変化)

「変化」についても、change一辺倒なので、transformationもしっかりメモですね。

 

tackle(問題などに取り組む)

タックルというと、アメフトのタックルが真っ先に頭をよぎりますが、ロングマンの英英辞書によると、to try to deal with a difficult problem「難問に対処しようと挑戦すること」という定義があります。tackle覚えておきたいですね。

 

Best(敬具)

メールの結びの語です。Best regardsなんかは見かけますが、Bestだけでいいんですね。ビジネスメールにも使えるということは、使用範囲が広そうです。

 

Your Turn

possibly (考えようによっては〜だろうか)

Could youで始まる疑問文にpossiblyを付けることで、さらに丁寧さを増す効果が得られるのではないでしょうか。日本語訳としてほ、かなり婉曲的な響になりますね。

 

the group email address(グループのメールアドレス)

これはメーリングリストに相当するのでしょうか。

 

apprecisate the gesture(その行為に感謝する)

ここのgestureは身振り手振りのことではなく、「何かに対して気持ちを表す行為、行動」のこと。What a kind/lovely gesture!(「なんて素敵な振る舞い!」って感じでしょうか?)と言ったりするそうです。

 

覚えておきたいフレーズ 人事異動

take up a new assignment(新たな職務を担う)

take upは「〜の職務を追う、〜のポストに着く」という人事がらみの決まった言い方。

 

successor(後任)

前任はpredecessor。セットで覚えたいです。、

 

be sent to(派遣された、異動した)

人事の文脈では「派遣された、異動した」というフレーズだそうです。sendのイメージから、人をモノ扱いしているような印象を持ってしまいますが、そんなことはないのでしょうか。

 

今日の一言

冒頭で書いたように、今朝の通勤電車でブログ更新の下準備をうっかり忘れてしまったので、番組放送当日中に更新できるかハラハラしましたが、なんとか片付けました。本当はあと2、3ポイントを追加したかったのですが、完璧を目指すのではなく低空飛行でいいから飛び続けることを目指します。

 

というわけで、今日も最後までお読み下さりありがとうございました。それではみなさん、また明日、See you tomorrow!!!