パパがはーちゃんに伝えたいこと -A professional writer is an amature who didn't quite-

英語学習メモを中心に、時々音楽、読書、スポーツ、子育てや僕の日常について、そして娘に伝えたいことを記録していきます。

6/30(金)ラジオビジネス英語 Interview3 Katsura Sunshine Part7

INDEX

 

はじめに

今日はコメダ珈琲からこんんちはです。昨夜は久しぶりの山弦ライブで帰りが遅くなってしまったせいで、今日の午前中は寝不足で使い物になりませんでした。昨夜もノンアルで通したので今日のダメージは大したことないというのが救いです。

f:id:udatsugaagaranai_arofifpapa:20220706143754j:image

それにしても、昨日のライブはそもそも18時開演のファーストステージを買ったつもりだったのに21時開演のセカンドステージだったという…。この慎重さの低さはいつか致命的なミスを犯してしまいそうで怖いです。とは言っても、ストレングスのプロフィールのボトム5に慎重さが入っている僕に何ができるのか難しいところです。

 

Interview3 Part7 Katsura Sunshine

桂三輝さんのインタビューの7回目です。インタビューの最終回はこれから桂三輝さんがやりたいと思っていることについて話しています。

 

open-ended  終わりが決められていない  

Broadway and West End have a system of open-ended runs(ブロードウェイやウエストエンドには、オープンエンド公演のシステムがあります)と言っています。open-ended というフレーズは知りませんでしたが、そもそも、ブロードウェイやウエストエンドでは予め公演期間が決まっていないということ自体知りませんでした。そうか、だからロングランってことになるんですね。予め期間が決まっていたらロングランなんてなり得ないですもんね。自分に直接関わりがない情報を普段いかにスルーしているかってことか。面白いですね。

 

hear of 〜  〜の存在を耳にする、〜のことを聞き知る 

そう言えば、hear of と hear about の違いについてだいぶ前に学習したはずと思ってググってみました。すると、hear of の of は前置詞ではなく副詞だという解説を見つけました。ぬぬぬ???そ、そうなのか????ん〜、初耳です、これは事件ですぞ。混乱しております。少し調べてみます。いずれにしても、hear about の about は周辺のことなので、周辺情報を聞くというイメージなのに対して、hear of は「耳にする」というような、もう少し受けみっぽいニュアンスのようです。続報があればお知らせします。

 

Update Your Questioning Skills

When you perform rakugo as a stand-up comedy, what are the differences in performance style and program compared to when you sit on a zabuton cushion?  スタンダップコメディとして落語を講演する場合、座布団に座ってやるときと比べて、講演のスタイルや演目にどんな違いがあるのでしょうか?

「〜に違いがある」という場合の differences の後にくる前置詞が in だということがまだ身についていないので、注意しなきゃです。

 

きょうのことば

The more people I can reach, the better.  1人でも多くの人に届けることができればいいですね。

あ〜、イマイチ使いこなせていない「The + 比較級, the + 比較級」構文です。ですが、後半が the better だけのこのパターンは簡単そうですぞ。「もっと〜だといいですね」と言いたいとき使ってみます。

 

おわりに

次回は、この7回に及ぶ桂三輝さんのインタビューについて柴田先生とジェニーさんのディスカッションです。いよいよ6月号も終わりですね。今回のインタビューもらじるらじるで聴けますよ。まだ聴いていない方、興味のある方は聴いてみて下さい。聴き逃し対象番組になっています。(配信期限に注意してください)

www.nhk.or.jp

今日も最後までお読み下さりありがとうございました。それではまた明日。See you tomorrow!!!