パパがはーちゃんに伝えたいこと -A professional writer is an amature who didn't quite-

英語学習メモを中心に、時々音楽、読書、スポーツ、子育てや僕の日常について、そして娘に伝えたいことを記録していきます。

Newsweekを読んで『Almost Famous』(あの頃ペニーレインと)がどうしても観たくなった話と体調について伝える英語フレーズ

またしても自動退出警告がきてしまった!

またしても、みんチャレから自動退出の警告がきてしまいまった!慌てて何か書かなきゃと思ったけれど、毎日書いている英会話のレッスンログ(レッスンの内容をまとめたメモ)をちょっと体裁を整えてあげちゃえばいんじゃね?と思い至り、まずは試しに書いてみました。みんチャレについては、↓をご覧ください。

みんチャレについては、下記をご参照ください。

みんチャレ-習慣化で目標達成~ダイエットや禁酒・禁煙を継続

みんチャレ-習慣化で目標達成~ダイエットや禁酒・禁煙を継続

  • A10 Lab Inc.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

apps.apple.com

英語の勉強について

今日の英会話は前回リバプールのアクセントについて教えてくれた先生と、今日は2回目のレッスン。事前にあまり時間がない中頑張って目を通しておいたデイリーニュースは結局使わずに終わってしまった。

レッスンはいつも通りまずは挨拶から。Newsweekに載っていたキャメロン・クロウの記事を読んで『Almost Famous』(あの頃ペニーレインと)がどうしても観てみたくなったので、今日移動中やランチの時間を使って観てしまった(めっちゃ面白かった!これについてはまた改めて書きたい!!!)話をしてから、いくつか気になっていた英語の質問をした。

結局フリートークになってしまったけれど、単なる雑談ではなくて、色々と質問したかったことがたまっていたので疑問を整理する良い機会になった。

1つは I’m in a good condition などに使われる不定冠詞「a」の使い方。昨日の先生は a があるのは間違いだと言っていた。今日の先生も同じだった。けれども、物について言う時は a を付けることがあるが、どうしてそうなるのかはわからないと言っていた。似たような違いが英米英語の違いとしてイングリッシュジャーナルの2022年12月号の Quich Chat で触れられてたので、それが1つのヒントになるかもしれない。

I’m in good condition の話から、体調ついて伝える時のバリエーションをいくつか覚え教えてもらった。

  • in good nick(調子が良いとき)
  • in the nick of time(調子が良いとき)
  • alive and kicking(調子が良いとき)
  • on the mend - to be feeling better(昨日まで不調だったけれど、よくなってきたときなど)
  • I feel like death warmed up(調子が悪いときや、調子の悪さを誇張するときに使う)
  • on top of the world(アイリッシュっぽいフレーズなので、これを使うとニヤッとされるんじゃないかと言っていた)

そういえば、前回 Scouse(リバプールアクセント)について教えてもらったのも今日の先生だった。新しいイングリッシュジャーナルにリバプール出身の人のインタビューが載っている話をしてあげればよかったな。残念、もう少し早く思い出していたら。次回は忘れないようにリマインダーセットしておこっと。

今日も学びの多いレッスンだった。

今日も最後までお読み下さりありがとうございました。それではみなさま、よい週末を!

ELSA Speak に興味のある方は下記のリンク(上のリンクでもOK)経由でインストールすると有料版のお試し期間が1ヶ月(通常は1週間)になるようなので、気軽に試してみて下さい。

nbp2-alternate.app.link

NHKのラジオ番組はリアルタイムで聴かなくても、PCやスマホから、らじるらじる↓で聴けますよ。まだ聴いていない方、興味のある方は是非聴いてみて下さい。聴き逃し対象番組になっています。(配信期限は放送終了後1週間です)

www.nhk.or.jp